自分だけで考えず、他人に助けてもらいましょう!

昨日、パラレルキャリアをテーマとしたセミナーに参加しました。

 

その中で、「タニモク」というワークがありました。「タニモク」って、ご存知でしょうか?

 

■タニモク

https://tani-moku.jp/

 

「タニモク」は、他人に目標を立ててもらうワークショップのことです。

 

自分のことは、意外と自分だけでは分からない。だから、他人に素直に聞いてみよう。考えてもらおう。そんなコンセプトです。

 

自分だけだと、どうしても自分で考えられる思考の枠にはまりがちですよね。そんなことありませんか?また、自分では気づかないことも多々あります。

 

だからこそ、他人の思考を借りて、考えてもらうことが、新たな気づき、自分の範囲外のことを得ることができます。

 

今回、初めて体験しました。人のことだと、ある意味、制約なく、自由に考えることができます。だから、同じグループの人のために、考えてフィードバックをしたら、「えっ、そんな考えもあるんだ」と、発見があったようです。

 

一方で、自分の時には、他の人からの意見を聞いて、そんな考え方もあるんだと感じました。また、自分が考えていることが、どれほど共感を得る、通じることができるのかも確認できました。

 

やはり、自分だけでは、思考の枠やクセが出てしまいますよね。だからこそ、他人からのフィードバックをいただくことは重要なことだと、改めて感じました。

 

自分だけで考えていて、モヤモヤ感があったり、同じループにはまっているとしたら、他人に聞いてみたらいいですよ。そのままフィードバックを取り入れてもいいし、参考にするだけでもいいかと思います。

 

自分の頭だけでなく、他人に助けてもらいましょう。あなたも誰かを助ける時があるかもしれません。お互いに助け合い、良い方向にいけたらいいですよね。

 

是非、自分だけでモヤモヤしているなら、他人からのフィードバックをもらうことはおすすめですよ!

 

それではまた。

 

流行りの横文字にのらないといけないと思っていませんか・・・!?

最近、感じることがあります。

 

それは何か・・・!?

 

難しいことをやり過ぎることが多いのではないか。もっと、簡単なことをシンプルにやったほうがいいのにと感じます。

 

マーケティングに関わる仕事をしています。その中で、横文字の言葉が流行っています。例えば、ビックデータ、データドリブンマーケティングとか・・・。

 

横文字の言葉を言われると、それだけですごいと感じませんか?おそらく、どんだけすごいんだと思う人は多いでしょう。

 

実際に、使いこなして成果を上げている人は、どれだけいるのだろうと思うのですが・・・。使いこなすことができたら、成果は出るのでしょう。それには、コストもかかり、時間や労力、そしてスキルも必要でしょう。

 

それだけの体力があるところはいいですが、多くのところはそこまではできないというところが多いのでは・・・。それにも関わらず、それを追い求めることはいかがなものか?

 

簡単ではないものに、時間をかけてやるよりも、今できる簡単なことを実践したほうがよくないですか。何かやれば、それに対する反応はありますよね。スピード感を持って、実践の繰り返しを増やしたほうが、成果に繋がる頻度は増えるのではないか。素朴に感じます。

 

もちろん、ビックデータ、データドリブンマーケティングのように、高度なスキルやノウハウを活用して出来るのであれば、活用したらいいでしょう。活用するには、ヒト、モノ、カネ、システムの全てが必要です。潤沢であれば、時間をかけてやってもいいでしょう。

 

ただ、時間をかけても成果がでるのか否かは、やってみないと分からないでしょう。資源が潤沢にないのであれば、難しいことをするのはおいておき、簡単でシンプルなことを、繰り返し、何度も実践したほうが成果に結び付きやすいのでは・・・。

 

難しいこと、高度なことをやらないといけない。それは思い込みです。簡単なことを、シンプルに、数多く繰り返したほうが、それだけ反応を得ることができます。その繰り返しのほうが、結局は早く成果にたどり着けるでしょう。

 

高度なことを止めましょうといっているのではありません。資源な潤沢で、体力があるのであれば、やってもいいでしょう。ただ、流行っているからといって、誰しもがやる必要はないということです。

 

自分にとって大切なことは何か?それは、成果を出すことですよね。ですよね・・・。その手段として、必要であれば活用したらよいでしょう。あまり必要性を感じない、資源や時間的にみて適切でないとしたら、無理してやることはありません。

 

流行りに関係なく、ご自身の状況に合わせて、最適な選択をしてくださいね!

 

それではまた。

 

売れるセールスレターにするためには・・・!?

昨日の学び。

大事なことをお伝えします。

 

売れるセールスレターにするためには、リサーチ8割、ライティング2割!

 

書き方にフォーカスしがちだが、書く前のリサーチが、しっかりと出来ているか否かで、決まるとのことです。

 

どれだけリサーチに、時間と労力を使うかが大事ですね!

 

書き方の前に、リサーチですよ。

 

それではまた。

 

 

 

 

ラジオに出ます!

 昨日、初チャレンジをしました。

 

それは何か・・・!?

 

ラジオで話をしたことです。収録ですが・・・。

たまたまご縁を頂いて、月1回30分間、FMコミュニティラジオに出ることになりました。

 

収録が始まる前は、本当にしゃべれるのか・・・!?漠然とした心配や不安がありました。やり終わってみて、場のチカラ、ラジオに関わる皆さんのおかげもあり、楽しく話をすることができました。

 

終わった時は、ほっと一安心です。事前に、何を話すかと、バーッ書き出して準備はしました。ただ、マイクの前に座った途端、きちんとしゃべれるのか心配や不安があったのです。始まったら、何とか話すことが出来て、ほぼ取り直しなく終了することができました。

 

ラジオで話をしてみて、感じたことがあります。相手

に伝わるためには、どうしたらいいか。ラジオは、視覚情報がありません。映像があれば、そこから多くの情報をキャッチすることはできます。しかし、聴覚情報、つまり声しか情報源がありません。声のみで、相手に伝わるためには、どうしたらいいかを考えます。

 

例えば、言葉の使い方、話すスピードや緩急、間の取り方など・・・。声だけで相手に伝わるようにするためには、色々と考える必要があると感じました。

 

実際にやってみて、これまで何気なくラジオを聴いていましたが、プロの方はすごいなぁと、改めて感じました。

 

声の情報のみで、相手に伝わるようにするには、ラジオという媒体を使い、アウトプットをする。これをやることで、アウトプットのトレーニングになるかもと思いました。

 

初チャレンジで緊張はしましたが、楽しく出来ました。また、次回以降も楽しみながらできそうです。相手に伝わるようにするには、どうしたらいいか?繰り返し体験する中で、何か少しでもヒントを得られたらと思います。

 

それではまた。

大人になっても学び続けることは大事ですね!

今、隔週水曜日の夜、19:00~22:00まで、スクールに通っています。

 

何を学んでいるのか?それは、「本質行動学」というものです。

 

「えっ、それ何・・・!?」と思われる方もいるでしょう。僕自身、通うまで、聞いたことがありませんでした。たまたま、人からのご紹介で、内容は分からないが、ピン!ときて受講に至りました。

 

会場とZoom受講があり、全員で200人以上はいるでしょうか?会場受講は、150人はいると思います。

 

夜の19:00から始まり、22:00まで。その後、会場での懇親会もあり、23:00過ぎまでです。年代、職業もバラバラで、仕事終わりに会場まで足を運ぶ。夜遅くまで学び姿勢は、すごいなぁと感心します。あっ、自分もですかね・・・(汗)

 

大人になっても学び続ける。そして、成長意欲、意識の高い人達が集まっているので、すごく刺激を受けます。このような場に、集まる人達ですから、相当エネルギーも高いです。

 

誰かに強制されたわけでもなく、自らの意思で、わざわざお金と時間を使い、学び続ける。この姿勢は、普段の環境(会社)では、ほぼありません。

 

どこに、自分の身を置くかで、成長にも影響を与えます。自己成長しよう、学び続けよう、お互いに切磋琢磨しよう・・・。

 

あなたの周りに、そんな環境がありますか?このような場は、待っていても来ません。自ら掴みにいかないと出会うことはないでしょう。

 

何もしなければ、維持することも簡単ではありません。時代の変化とともに、どんどん後退してしまいます。後退しないように、アップデートをしていくためには、学び続けることが1つの手段ではないかと感じます。

 

その時に、成長意欲、意識の高い人達が集まる環境に身を置くことは良いと思います。何か、そんな環境にいると、普段とは違う刺激を得られます。

 

大人になって、ガチで勉強する機会は、少なくなっている人が多いかもしれません。たまには、ガチで学ぶ場に足を運んでみるのもいいかもしれませんよ。

 

9月まで、「本質行動学」の学びは続きます。学ぶだけでなく、アウトプットも求められています。どんな変容、進化が起こるのか楽しみです。

 

それではまた。

 

とりあえずやる・・・!

昨日、たまたま対照的なことを体験しました。

 

1つは、あるコンサルタントが、毎日配信する動画を観たこと。もう1つは、通い始めたスクールの事前課題をやったこと。両者のテーマが対照的だなぁと感じました。

 

前者の動画で、話されていたのは、「とりあえずやる」。そんな話をされていたのです。そのコンサルタントが、動画配信をする時、たまたまその日のジャケットが気にいらなかった。そして、マイクの調子もよくなかった。動画だと残るから、違うジャケットに変える。家電量販店に行き、マイクを購入してからやろうかと思ったそうです。しかし、そんなことはしないで、「とりあえずやる」で進めたとのこと。人は、他人にそれほど注目していない。しっかりと準備をしてからだと、その日に配信する動画をやらないリスクも出てくる。そんなこと気にしないで、「とりあえずやる」ということを伝えていました。

 

一方、後者のスクールの事前課題のテーマは、「人生においてこれをしたいと思っているのにできないこと、やめたいと思っているのにやめられない、何度反省しても繰り返してしまうといった不条理に感じる自分の行動」を、何個でいいので挙げることでした。

 

「人生においてこれをしたいと思っているのにできないこと」。これを見た時、動画とは対照的だと感じたのです。できないことを書き出した時、例えば、こんなことが出てきました。それは、しっかりと準備をしてからやろう。もし上手くいかなかったらどうしよう。自分にはとてもできるとは思えないなど・・・。

 

全て、未来のことに対する漠然とした心配や不安です。やってみないと分からないと分かってはいても、まだ起こらない未来のことを考えてしまう。

 

前者の動画は、「とりあえずやる」は現在にフォーカスしている。一方で、後者は未来に視点がいっている。いくら未来のことを考えても、現在の延長線上に未来がある。現在を動かさないと、何も変わりません。まだ起こらない未来を考える前に、現在を動かしてみることが大事ですよね。ですよね・・・。

 

現在を動かしてみたら、状況は刻一刻と変化していきます。そうなると、未来にも影響してくるでしょう。何もしないで止まっているから、まだ起こらない漠然とした未来に対して、心配や不安を感じてしまいます。

 

そんな心配や不安を感じるくらいなら、「とりあえずやる」。この心意気が大事ではないか。たまたま観た動画とスクールの事前課題に取り組む中で、「あっ、やっぱり気になったら、まずはやってみること」って重要だなと感じました。

 

まだ見ぬものに対して、心配や不安を感じることは、時間のムダなのかもしれませんね。それよりも目の前の現実に対して、気になったらやってみること。やってみたら、また違う何かが出てくるでしょう。その繰り返しを通じて、あなたの未来が建築されていくのでしょうね!

 

それではまた。

未完了のままだと、気持ちよくないですよね・・・。

新しく何かを始めて続ける時、続くかなぁって思いませんか?

 

また、最初のうちはモチベーション高く、頑張ろうと思いますが・・・。段々と、面倒になったりして、続かない。そんなことって、よくありますよね。ですよね・・・。

 

何かを長く続けるには、もしかしたら最初からパワー全開で頑張ろうとしなくても良いのかもしれません。むしろパワーがあり過ぎると、そのパワーを持続し続けることが、簡単ではないかと・・・。

 

だから、何かを続けるには、あまり頑張り過ぎずに、淡々と進めていくことがよいのかもしれません。先日、ある人からフィードバックを頂き、ルーティンで実行することが出来ました。

 

大したことではありません。1回の時間も数分程度です。具体的に何をするのか?それは、あるシートを毎日眺めることです。「えっ、そんなこと」って思われるでしょう。そんな簡単なことでも毎日続けるとなると、面倒くさい、忘れてしまったなどの理由で、続けることが出来ない場合も出てきます。

 

簡単なことでも、毎日コツコツと行うことは出来ない経験がありませんか?例えば、1日1回あたり5分間のストレッチをして、カラダを整えるとかしたことありませんか?

 

1日24時間の5分間を、日々の生活の中で捻出できないわけがないですよね。しかし、多くの場合、続けられない。その繰り返しをしてきていませんか?僕自身も同じことを繰り返した経験が、何度もあります。

 

たとえ短い時間だとしても続けるには、いつやるかを決めること。そして、書き出すことです。終了したら、「○」を付けるなり、横線を引いて完了したことを見える化する。

 

これだけでも違います。未完了のまま残っていると、何か気持ち良くない感じがしませんか?その気持ち良くないと、ココロが落ち着きません。だから、やろうという気持ちになります。これが続いていくと、段々とやることが生活の中に取り入れられて、歯磨きをするようにできるようになってきます。

 

大抵は、いつやるかを決めない。時間が空いた時にやろうとするから、出来なくなります。なぜならば、緊急度も重要度も高くないからです。予め、いつやるかを決めてしまい、時間を押さえる。そして、手帳に書き出しておく。

 

あなたが、1日の中で手帳に触れる、目にする機会は数回あるでしょう。未完了のものが放置されていたら、何か気持ちが悪くなってきます。

 

いつやるかを決める。そして、手帳などに書き出す。完了したら、終わったことが分かるように「○」を付けるか、横線を引いて消すこと。

 

なかなか続けることが得意でない方は、試してみてください。

 

少しずつ、何か変化が出てくるでしょう。

 

それではまた。

 

環境適応できていますか・・・!?

関東地方は、梅雨入りしました。

これから約1ヶ月近く、ジメジメとした感じが続きそうですね・・・。

 

梅雨入りした途端に、気温差が出てきて、肌寒くなってきました。変わり目の時には、体調を崩しやすくなるので気を付ける必要があります。

 

気温差が大きくなった時には、ジャケットを着るなどして、対応をしますよね。ですよね・・・。環境が変わった時に、自然と対応をします。

 

これって、ビジネスをする上でも同様です。何か環境が変化した時に、対応できるか否かで、違いが出てきます。環境適応力は、重要です。

 

環境変化が起きた時、対応できないと、いずれ陳腐化したり、取り残されてしまいます。だから、変化をキャッチできるようにすることが重要です。

 

その変化をキャッチするには、例えば、定点観測することも1つでしょう。

 

今の状況に何の疑いもなく、そのままいけばいいと思っていることは、危険です。いつ何時、どんなことが起きるか分かりません。

 

だから、いつもアンテナを張り、情報をキャッチできるようにすることです。そして、何か環境変化が起きた場合には、対応することです。小さな変化であれば、小さな対応でいいでしょう。もし、大きな変化だとしたら、根本から変える必要性も出てくるかもしれません。いずれにしても適応することです。

 

気温の変化により、皆さん、自然と温度調整ができていますよね。仕事も同じです。

 

日々のルーティンに慣れてしまい、変化を感じ取る力は弱まっていませんか?時間の経過とともに、環境は変化していきます。

 

その変化に順応していくには、対応力は大切です。

 

変化を敏感に感じ取ることで、変化に遅れないようにしていきましょう。

 

それではまた。