仕事のスピードUPに必要な3つのポイントは・・・!?

質問します。

 

あなたは、仕事をする時に、「スピード」を意識して取り組んでいますか?

 

先日、健康食品を扱うネット通販の得意先で、こんな出来事がありました。

 

「リピート促進のために、ステップメールの内容を改善して、実稼働が始まったかと思いますが、その後、反応や注文はどんな感じですか?」

 

得意先

「いやぁ~、まだ検証に手を付けてないです。時間もないので、1ヶ月に1回程度しか、結果の検証をしてないので・・・」

 

「1ヶ月に1回程度ですか・・・。もったいないですね。ネットであれば、すぐに反応を確認することが出来ますよ!うまくいってなければ、すぐにでも改善したほうが、リピート購入や売上アップにも結び付きますから。1ヶ月に1回と言わず、すぐにでも検証したほうが良いですよ・・・」

 

得意先

「分かってはいるんだけどねぇ・・・。時間もないし、人もいないし・・・」

 

 

その後、結局、メール配信をした結果を出したのは、1ヶ月後。結果を出した後、そこから何か改善に繋がる対応をしたかといえば、何も進んでないとのこと。

 

とてももったいないと感じました。せっかく実施しても、その後に活かさないのであれば、リピート促進、さらには売上アップにも繋がりにくいからです。

 

また、ネットではスピード感が求められる世界。日次、週次単位で検証、改善を繰り返すのが当たり前に対して、非常にのんびりとした対応でした。これでは、売上アップの機会を失ってしまいます。

 

こんな状況を回避するためには、3つのポイントを意識して、行動したら、今よりも改善します。その3つポイントとは、

 

(1)何を

(2)いつ

(3)どうやって

 

この3つを決めて、手帳やスケジュール表に記入して、その時間内で実行するだけです。

 

上記のケースに当てはめた場合、

まず、(1)「何を」は、ステップメール配信をした結果、定点観測する項目を、決めておくことです。あれもこれもと複数の項目となると、確認や検証が大変であれば、最低限必要な項目に絞ることです。

 

次に、(2)「いつ」は、毎日、毎週●曜日、毎週●曜日の●時と、定点観測するタイミングを決めることです。決めたら、その時間をあらかじめ、予定として押さえる。そうすれば、「時間がないから・・・」という理由を避けることができます。

 

そして、(3)「どうやって」は、(1)で決めた項目を、どうやって確認、検証するのか。例えば、何かツールを使う、報告用フォーマットを作るなどがあります。最初に、型を決めておけば、決まった時間に行うだけです。型や手順が決まっていれば、自分でなく、他の方にお願いすることもできます。

 

時間は全ての人にとり、共通です。限られた時間の中で、結果を出すには、その業務に合った「スピード」感で進めることが重要です。

 

あなたの仕事、「スピード」感を意識して出来ていますか・・・!?

 

それではまた。