エッジの効いたタイトルに、思わず・・・!?

質問します。

 

あなたの商品、サービスのターゲットは絞り込まれていますか?

 

エッジが効くくらい、絞り込まれたターゲットを設定していますか?

 

多くの方が、絞り込むことで集客やレスポンス(反応)に影響を与えるのではないかと感じて、無難なターゲット設定にしてしまうことが多くありませんか?

 

無難なターゲット設定により、集客やレスポンスも思うような結果が出ない。

 

思い切って、たった1人に届けばいい、エッジの効いたターゲット設定に絞り込むことが、結局は、集客やレスポンスで成果が出やすいです。

 

 

なぜか?

 

 

想定したターゲットが共感しやすい。また、グサっと刺さるからです。

 

というのは、以前に、こんな体験をしました。それは、書店での出来事でした。

 

ところで、あなたは、最近、雑誌を買う機会がありましたか?

 

私自身、週に3回以上、書店に足を運んでいるにも関わらず、雑誌を買うのは、ほとんどありませんでした。

 

以前に比べて、あなたも雑誌を買う機会は減っているのではないでしょうか?電車の中でも、スマホを手にする方ばかりで、雑誌を読む人をめっきり見なくなりましたしね・・・。

 

そんな中、書店にふらっと立ち寄った時に、ある雑誌の表紙が目に入り、思わず手に取り、気づいたらレジに行き、購入する体験をしました。

 

普段では、絶対に手に取ることのないジャンルの雑誌で、表紙に目を奪われてしまいました。

 

それは、雑誌『Pen』。男性向け、カルチャー、ライフスタイル誌です。これまで1回も買った経験はありません。また、カルチャー、ライフスタイル誌を読むことは、ほとんどないです。

 

そんな中、黄色の表紙で、中央に縦書きで「365日カレー天国。」の文字が目に入ったのです。「365日カレー天国。」、ものすごいインパクトです。見る前から、365個のカレーが紹介されているのか?それだけ、美味しいカレーを食べにいけるかもと思いました。

 

どうしてこんな行動をとったのか。後で考えてみました。カレー好きで、美味しいお店があれば、食べ歩くタイプ。つい先日も以前より気になっていたお店に、カレーを食べに、恵比寿に行きました。カレーを食べに行くためだけ・・・(汗)

 

自分の好きなものなら、意識が働くため、目に入るから。また、「365日カレー天国。」と、365日カレーを食べたいと思うくらいのカレー好きに届けという想いに引っかかったのかもしれません。

 

すごいカレー好き以外は、「365日カレー天国。」というタイトルを見たとしても、手に取り、購入しようとまでは思わないでしょう。むしろ、手に取らなくてもいいのかもしれません。

 

365日カレーでも良いと思うくらいのカレー好きに絞ったからこそ、カレー好きの僕の心に刺さったのです。

 

浅く、広くのターゲット設定ではなく、ターゲットを明確に絞り込むことで、共感して心が動く。

 

僕と同じようなカレー好き、食べ歩きが好きな方の心にも響き、雑誌購入をした方もいたのではないかと思われます。

 

雑誌購入という身近な体験より、自分の行動を振り返って、改めて、ターゲット設定の絞り込みの重要性を再確認しました。

 

 

もしあなたが、

最近、新規顧客の集客が思わしくないとしたら・・・?

 

もしあなたが、

最近、DMやメールのレスポンスが良い結果が出ていないとしたら・・・?

 

 

あなたの商品、サービスが、この人に届けたい、ケアしたい方に向けて、絞り込まれたターゲット設定となっているかを確認してみてくださいね。

 

 

それではまた。