大の大人が、仕事以外で本気になることとは・・・!?

皆さんは、セミナー講師の甲子園「セミナーコンテスト(通称:セミコン)」というイベントを知っていますか?

 

自らの体験をもとにオリジナルセミナーを作り、1人10分で発表、順位を競うイベントです。

 

僕自身、2016年10月に、地方予選の東京大会に出場しました。現在は、サポーターとして、イベント運営に関わっています。

 

実は、このイベント運営は、過去にセミコンに出場した方が、ボランティアで運営しています。当日のイベントのみではありません。6週間前から対策講座が始まります。イベント当日までに、2回の対策講座、本番発表前のプレ発表会があります。それ以外に、出場者が行う練習会もフォローする活動をしています。

サポーターは、本業の仕事をしながら、対策講座、プレ発表会、そして練習会をサポート。さらに、当日のイベント運営を、役割分担をしながら、準備を進めていきます。

 

3月24日(土)に、今年初めての東京大会があります。先週、本番前のプレ発表会がありました。出場者の皆さんの10分間セミナーを聴いていて、対策講座が始まった時よりも格段に成長されていると感じました。

 

そもそも講師未経験の方が対象のため、セミナーを作る、話す経験はなかった人達です。対策講座、練習会、そして各出場者の個人ワークを通じて、10分間セミナーが出来るようになってきています。

 

もちろん、まだまだ課題はありますが、始めた時に比べたら、セミナーらしくなったことに驚きを感じました。

 

なぜ、大人になってまでも、本業で忙しい中で、時間を作って、本気になれるのか・・・!?

 

それは、自分がやってきた経験、ノウハウで、誰か悩んでいる、困っている人達をケアして、その人の未来を輝かせることをサポートしたい想いがあるからではないかと思います。

 

誰かの役に立つ、貢献することで、自分自身も輝くことができます。もちろん、講師業で、今までよりも収入アップにつなげたいという経済的なこともありますが・・・。ただ、経済的、時間的なことを考えたら、ボランティアのサポーターは成り立ちません。

 

そんな一生懸命に、自分自身だけでなく、その周りをも輝くサポートをするコミュニティには、想いがあります。

 

人は、想いがあるからこそ、行動や継続的に活動を続けていけるのではないかと思います。

 

あなたの中には、どんな想いがありますか・・・?

損得勘定抜きで、邁進できるものは何ですか・・・!?

 

大人が本気で挑戦するセミコン。地方予選の東京大会は、3月24日(土)に、池袋で開催されます。

 

出場者の10分間セミナーを、受講者となって聴くオブザーバー参加があります。興味があり、ピン!ときた方は、下記のサイトをクリックしてみて下さいね!

 

「第34回セミナーコンテスト東京」

http://personal-brand.jp/seminar-contest/tokyo/

 

また、プロのコメンテーターのコメントは、多くの気づき、学びもありますよ!

 

それではまた。