「This is me」、私は私。

最近、SNS上で、映画「グレイテスト・ショーマン」の話題を目にすることが多いです。

 

周りの友人が、「いいよ!」と投稿していたのを見て、既に、観に行ったのですが・・・^_^;

 

「This is me」、私は私。これって、すごく大切なことだと感じました。

 

なぜか?

 

どうしても、自分を他人と比較しがち。そうすると、自分が出来ていない点ばかりに目がいきがちだから・・・。誰にでも良いところがあるのに、そこには目がいかず、他人に比べて、出来ていない、不足しているところを見てしまう。

 

これって、もったいなくないですか!?他の人から見たら、あなたのここは素晴らしいところって、たくさんあると思います。自分の中では、普通だと思っていることに限って・・・。

 

僕自身、どうしても出来ていない面ばかりが気になってしまっていました。これが足りない、あれが足りない。だから、このスキルを身に付けよう、あのスキルも必要かもしれない。そんなことを繰り返すことをしていました。

 

これって、どこまでいっても際限がないんです。次から次へと出てくる。そのためのお金も時間も掛かる。なんでこんな状況になるのか!?

 

それが、まさしく「This is me」、私は私。

この言葉で、「そっか」と思いました。もちろん、頭の中では理解していましたが、心の底からは納得できていなかったかもしれません。つまり、自分をそのまま受け入れる、許可することが大事だと感じました。

 

まだまだですが、少しずつでも受け入れるようになったら、出来ているところに目がいくようになりました。自分の中にも、良い面は、誰にでもあるからです。そして、自分を受け入れることで、解放にも繋がりました。

 

それは何か!?

 

自分を受け入れたことで、周りのリソース、他人や環境にアクセスできる、つまり頼ることが、以前よりも出来てきました。

 

そのおかげで、初めて、自主開催セミナー実施に動いたり、周りで参加や応援してくれる方々が出てきました。

 

「えっ」。こんなことも起きるんだと、ちょっとビックリしています。

 

皆さんが、私は私。他人との比較ではなく、自分を受け入れることが出来たら、もっと良くなるのではないかと感じました。むしろ、過去より今日、今日より明日との自分を比べて、成長を実感する視点に立てたら、皆さんがイキイキ、伸び伸びとしていけるでしょうね!

 

グレイテスト・ショーマン」。

まだ観ていない方は、劇場に足を運んでみたら、いかがですか!?

 

 

それではまた。