変化をキャッチするのに、大切なことは・・・!?

質問します。

 

あなたは、仕事や日常の生活の中で、何か定点観測をしていますか・・・!?

 

先日、仕事の外出先からの戻り途中で、天気が悪くなり、雨が降ってきました。その時は、それほど強い雨でもないし、傘をさすほどでもないと思ったので、ささずに戻りました。

 

その時、一緒にいた会社の上長に、「何で、傘を持ってこないの!?」と言われました。「天気予報を見るでしょ。僕なんて、毎日、1日5~6回はチェックしているよ。」とのことをおっしゃっていました。1日に5~6回は、確認し過ぎでしょと、内心は思いましたが・・・。

 

寒いのが嫌いなそうで、天気や気温が気になるから、1日に何度もチェックするのだそうです。

 

何か決まったことを定期的にチェックしたり、観察していると、そこに意識があるために、変化に気づきやすくなると思います。

たまたま、会社の上長は、日常生活の中で、天気が気になる。定点観測の中で、暑さや寒さなど、季節を感じる、また、寒いのが嫌いなので、それにどう対応するのかに、天気が重要な情報源なのかもしれませんね。

 

天気予報の話を聞いて、そういえば、自分も定点観測とまではいかないが、ある決まった場所を訪れて、変化などを確認していることを思い出しました。

 

それはどこか・・・!?

 

書店です。決まった大型書店に、定期的に行き、どんな書籍が出ているのか、流行やトレンドは何かをチェックしています。以前は、毎日のように行っていましたが、今は、週に1~2回程度、続けています。

 

定期的に行くことで、どんな書籍が平積みされているのか、どんなテーマのものが流行っているのか、どんな著者が売れているのかなどが、分かってきます。また、棚のレイアウトが変わったら、その変化にも気づきます。

 

何か定点観測をしていると、変化に気づきやすくなるでしょう。変化に気づくことで、普段とは違った現象があれば、何でだろうかと疑問も出てきます。そうしたら、その疑問を解決するために、調べたりして理由を探すことにも繋がります。

 

あなたの商売や仕事の中で、定点観測するものはあると思います。例えば、売上や利益、損益計算書貸借対照表など。

 

毎月、その数値を見ていくことで、次に繋がる打ち手を考えて、実行していくのではないでしょうか!?

 

変化をキャッチするには、定点観測していると、その感度が上がります。

 

あなたの中にも定期的にチェックしているものがあると思います。それは、どんなことですか?

 

次の成長に繋げるためにも、変化をキャッチして、対応することは重要です。何気ないことですが、定点観測は大切ですね!

 

 

それではまた。