短い時間で相手に伝わるようにするためのポイントとは・・・!?

4月から新しい学びの機会を始めました。2ヶ月間の連続講義です。

 

その講義の中で、講師が講義を始める前に、受講生によるアウトプットがあります。アウトプットとは、何をするのか・・・?それは、2分間で自己PRをすることです。各受講生が、前に出ていき、2分間の自己PRをする。そして、聴いている受講生及び講師が、フィードバックをすることをしました。

 

質問します。

 

あなたは、短い時間で自己PRをすることは得意ですか・・・!?皆さんの中には、交流会や勉強会に、積極的に参加する方もいらっしゃるでしょう。何度も経験しているから、得意という方もいらっしゃるでしょうね。

 

では、得意という方にお聞きします。その自己PRによって、その後、親しくなり、仕事に結び付いた経験はありますか?

 

おそらく大半の方が、仕事に結び付かない場合が多いと思われます。それはなぜか?

いくつか重要なことはありますが、ポイントは3つだけお伝えします。

 

まず、1つ目は、あなたが何者であるのか。肩書きなど、分かりやすいキーワードで伝えられているか。どこの誰だか分からない方に、いきなり仕事内容を話されても興味がないですよね。

 

次に、2つ目は、余計なことを捨てる。短い時間のため、ダラダラと話していては、時間が足りません。シンプルに、一番伝えたいことは何かを明確にすることが大事です。それには、捨てることが重要となります。

 

そして、3つ目は、相手にとって、自分は何を貢献できるのか、メリットを提供できるかを伝えることです。自己PRなので、自分のことを伝えることに終始しがちです。しかし、それでは、相手の印象に残る、心を響かせることはできません。あなたの存在が、相手にどんな価値を手渡せるのかを明確にすることが非常に重要です。それがないと、相手はあなたに興味関心を持ちません。

 

ほんの短い時間、2分間や3分間で、相手の心をつかめるか、つかめないかがカギとなります。

 

実際に、何度か自己PRをやって、フィードバックをもらったことで、出来ていること、出来ていないことがはっきりとしてきました。何度も繰り返して、相手に向けてやってみることで、心が響くポイントが分かってくるのでしょうね。

 

あなたの自己PRは、どうですか?

大切なポイント3つだけお伝えしましたが、今度、自己PRの機会があった時には、意識をしてみてくださいね!

 

それではまた。