何か施策をする時に、基準を設定していますか・・・!?

先日、通販の仕事の中で、アウトバウンド施策を実施することがありました。具体的に、どんなことをするのか。それは、電話で休眠客(過去に商品を購入されたお客様の中で、最終購入日より3ヶ月以上経過された方)に対して、セールス提案をすることでした。

 

どんな施策を行う時にも、大事なことがあります。目標設定をすることに加えて、基準を持つことです。目標設定は欲しい結果です。今回の場合には、施策からの売上、獲得したい顧客数の2つがメインとなりました。その欲しい結果を得るためには、達成するための基準を設定した上で、それをクリアする必要があります。

 

何か施策を行う場合、目標を設定することはあるでしょう。しかし、きちんと基準まで設けていますか?ただ、やっていることはないですか・・・?

 

そもそもなぜ、基準を設けるのか?それは、施策を実施している中で、現状がどうなっているかを把握しながら進める必要があるからです。基準が、順調に推移していれば、そのまま継続。しかし、想定通りでない場合には、改善策を検討して、対応する必要があります。基準が、1つの目安となりますし、欲しい結果を得るために、欠かすことのできない要素でもあるからです。

 

ただ単に、売上を上げたいだけでは、やりながら、何をどうしたらいいのか分かりません。例えば、売上は、「客数×客単価×リピート」に分解できます。どの項目を、どの程度の基準を設定したら、あなたの欲しい結果(=目標売上)を達成することができるのか?そこまで考慮することが重要です。

 

施策をやった時、その基準が、実績値となります。今後の施策をする時にも、参考となる指標にもなるでしょう。

 

そして、基準を持つことで、結果判断をする時にも役立ちます。結果が良かったのか、それとも悪かったのか。また、その理由も押さえておくと、実績に加えて、ノウハウとして蓄積されていくでしょう。

 

いかがですか?

あなたは、何か施策をする時、目標に加えて、その目標を達成するために、基準を設けていますか?

 

もし、そこまでしていないよという場合には、今度、行う場合には、きちんと設定してみてくださいね!

 

それではまた。