自分をユニークな存在とするには、「○○○○○」の視点を持ってみよう!

質問します。

 

あなたは、ご自身の肩書きを、何と名乗っていますか・・・!?

 

もしかしたら、会社員の方だと、役職名、例えば、部長、課長などと、思い浮かべた方がいるのでは・・・?まぁ、肩書きといえば、そうかもしれませんが・・・。

 

それでは、あなた独自の肩書きは何ですか・・・!?そう質問された時、きちんと答えることができますか・・・!?

 

個人で仕事をしている方は、肩書きやプロフィールを準備しているので即答できるでしょうね!一方で、会社員のあなたはどうですか?

 

即答できますか・・・!?

 

会社員であろうと、個人で仕事をしていようと、自分は何者であるのかを伝えることが出来ることは、非常に重要です。

 

数年前から、パーソナルブランド、USPなどというキーワードを、よく目にする機会はないですか。または、自分の強みは何かとか・・・。

 

自分には、大した強みもないし、普通で平凡な日々を過ごしていたから思いつかない。そんなことをいう方が多いと感じています。しかし、これからの時代では、自分は何ができるのか、何が得意なのかなど、自分の特長を明確にできることは重要です。たとえ、会社員であったとしても・・・。

 

副業を推奨する会社も出てきています。既に、会社員でも自分で別で何かを始めている方も出てきています。これからもっと加速していくことでしょう。1つの会社に依存することなく、自分のやりたいこと、自分の働きやすいスタイルで仕事をする。会社も一生、あなたのことを守ってくれることもなくなっていくでしょう。

 

そうなった時、あなた自身は、何ができるのか、他とは違い、どんな強みや特長があるのかを、明確にしていないと、埋もれていってしまいます。

 

どんな人にも、必ず、特長や強みがあります。分からないという方は、まだ発見できていないだけです。ただそれだけ・・・。

 

そうは言っても、際立った特長や強みもないから、埋もれてしまうよ。そう感じた方に、1つの視点をお伝えしても宜しいでしょうか?

 

それは何か・・・!?

 

ポイントは、「掛け合わせ」です。そう、掛け合わせで勝負する。どういうことかというと、先日、ある方から自分の特長は何かというお話を聞きました。その方は、コーチングを仕事にしています。

 

コーチングだと、世の中には、たくさんコーチングを仕事にする方はいます。その中から、自分の存在を際立たせるために、何をしたのか。

 

コーチング×エニアグラム×微表情」の3つの要素を掛け合わせる。自分が学んだ、エニアグラムや微表情の要素と組み合わせた、コーチングができることだそうです。

 

3つを掛け合わせるとなると、他にできる人も少ないのでは・・・。掛け合わせることで、ユニークな存在感を発揮することができる。そこで、自分のポジションを確保したそうです。

 

私自身も、肩書きに、2つの要素を掛け合わせました。

 

キャッシュフロー×マーケティング

 

長く通販の仕事に関わる中で、ダイレクトマーケティングのスキル、ノウハウがあります。また、通販の中で、事業数字を多く扱いました。仕事に加えて、キャッシュフローコーチという資格を取得しました。経営数字について、経営者にアドバイスコンサルティングができるスキルです。その2つを掛け合わせてみました。

 

会計士、税理士、そして経理など、経営数字だけに強い方は多くいるでしょう。一方、マーケティングダイレクトマーケティング)に強みを持った方もいるでしょう。しかし、2つを掛け合わせて、強みを持った存在は、そこまで多くないのではないか。だからこそ、掛け合わせてみて、自分の存在をユニークな位置づけとしました。

 

いかがですか・・・?

 

あなたの中にも、これまで多くの時間を費やしたことがあるでしょう。その中から何かを掛け合わせて、特長を出せないか。そんな視点で考えてみたら、多くの中から、少しだけでも輝く存在になれそうではないですか・・・!?

 

1つで突出することが簡単ではないなら、掛け合わせてみる。掛け合わせで、ユニークな存在となれないか。

 

1つの視点として、頭の片隅にでも置いておいてくださいね!

 

 

それではまた。