あなたは、どんな言葉を発する、聞いていますか・・・!?

週末の土日の2日間、方眼ノートトレーナー養成講座があり、再受講をしてきました。

 

初日は、10:00時~22:00まで(懇親会2時間含む)。そして、2日目は、9:30~17:30までと、濃密な2日間でした。

 

2日間で20時間でしたが、あっという間に終わった感じです。方眼ノートトレーナー講座を、複数回、再受講していますが、新たな学びや気づきがある2日間でした。自分の状況変化もあり、違った視点での受け取り方があるからですね!

 

一方で、全く変わらないことがあります。それは何か・・・!?

 

それは、ある言葉です。毎回のことですが、講座の中で、何十回、何百回と、この言葉を聞いたことか・・・。

 

そう、それは、「カンタン」という言葉です。何度も何度も繰り返し、講師の口から発せられていました。なぜならば、誰でもできるものだからが、根底にあるからです。

 

今回の講義中でも、「カンタン」という言葉のシャワーを数百回も浴びました。「カンタン、カンタンカンタン・・・」と、聞いていると、不思議と、「あっ、自分にもできる。大丈夫・・・!」と、そんな感じになってきます。

 

どんな言葉を発するか、聞いているかにより、自分の意識も変わってきますよね!

 

あなたは、普段、自分の口クセ、発する言葉で、何か繰り返ししてしまうものはありますか?その言葉は、ポジティブなものですか?それともネガティブなものですか?

 

ちょっと、「あっ、自分はどうかなぁ・・・」と心に問いかけてみてください。自分が発する言葉は、他の誰よりも自分が耳にしています。その発する言葉が、ネガティブなものが多ければ多いほど、ネガティブな世界を作ってしまわないでしょうか・・・?

 

日々、大量のネガティブな言葉を、発して、耳にしていたら、そうなりますよね。ですよね・・・。

 

そうならないためにも、ポジティブな言葉を発していきましょう。例えば、何かやるにしても、自分では無理そうかもと思った時、「難しい」という言葉を言いがちですよね。そうではなくて、「簡単ではない」という言葉で言う。

 

聞くところによると、脳は、否定語を認識できないとのことです。「簡単ではない」の「ではない」という否定部分を、脳は認識できない。だとすると、「簡単」のみ認識することができる。発する言葉により、脳の捉え方が違うそうです。

 

発する言葉を意識していけば、出来そうにないかもと思ったことでも、もしかしたら自分でも大丈夫を思えるようになりませんか・・・!?

 

2日間のセミナー受講の中で、「カンタン、カンタン、カンタン・・・」と言葉のシャワーを、これでもかというくらい浴びました。感覚的となりますが、「あっ、自分でも大丈夫・・・」。そう思えています。

 

言葉が、あなたの意識、思考、そして行動に影響を与えるでしょう。だからこそ、あなた自身が発する言葉を、ネガティブではなくポジティブな言葉を心掛けてみてくださいね!

 

今回は、セミナー受講からの気づきをお伝えしました。

 

それではまた。