いくつになっても、「決める」を持った、人生を過ごしていこう!

昔のボスが、ある1つの決断をしたということを知りました。

 

そのボスは、現在65歳。地元にUターンして4年。戻ってから月日が経過した中で、地元への貢献のために、人生最後の大きな挑戦をする決断をしたとのこと。

 

それは、新人で市議会議員に立候補をする。そんな決断をしたという話を聞きました。議員になったら、休みもなく、家族からの協力や理解も必要となってくるでしょうね・・・。

 

65歳で、新しいことへの挑戦を決める。話を聞いた時、スゴイなぁと感心しました。年を取るにつれて、保守的となり、新しいことや挑戦に対しては、消極的になる方が多いのでは・・・。できるだけ、今のままの流れでのんびり、ゆっくりと過ごしていきたい。そんな気持ちを持った方が多いでしょう。

 

そんな中、ご自身の人生最後の大きな挑戦ということで、決断した姿は、輝かしく、カッコイイと感じました。いつまで経っても、挑戦し続ける、前に進み続けることを、背中で教えてもらいました。

 

何かをする、行動する時に必要なことは、「決める」ということです。決められないから、行動できずに、頭の中でグルグルと考えてしまい、1mmも進まないです。

 

まずは、「決める」こと。でも、決めるには、心配や不安がありますよね。ですよね・・・。誰だって、心配や不安なことはあります。昔のボスだって、市議会議員に立候補するとなったら、選挙資金、家族や周囲への協力依頼など、たくさんの心配や不安はあるでしょう。当選したらいいですが、もしダメだった場合には、仕事はどうしようなど・・・。それを分かった上で、「決める」ことをしたのです。だからこそ、前に前進できるのだと思います。

 

何事も一番いけないのは、決めないで、ズルズルとすることです。決めて、動き出すことで、何かが流れが変わってきます。

 

どんな小さなことでも、「決める」ことを意識してみましょう。些細なことなら、何を食べるかでも決める必要がありますよね。決めないと、何も食べられないままです。私たちは、日頃、「決める」ことをして生きています。

 

何か大きなことをするには、考えた上で「決める」ことが必要です。そこで、心配や不安が先走り、止まってしまいます。

 

でも、65歳のボスを見てください。いくつになっても、前に進むために、全く新しいことに挑戦する決断をしました。スゴくないですか・・・!?

 

1度しかない人生であるならば、「決める」人生を過ごしたくないですか!?

 

是非、「決める」人生を、一緒に生きていきましょう!

 

それではまた。