「書く・見返す・振り返る」の3点セットで実施しよう!

質問します。

 

日頃、ノートや手帳を活用して、書くことをしていますか?

 

「もちろん、使っているよ」という方は多いでしょう。では、書いたものを見返す、振り返ることまでしていますか・・・!?

 

いかがでしょうか?

 

「見返す、振り返るまでとなると、そこまでやっていないよ」という方は多いのでは・・・?おそらく、その理由として、面倒だから、書いた文字が汚くて見る気にならないから、振り返りの時間がないからなどが予想されます。

 

どうですか・・・!?

 

書くことはしても、その後に、見返す、振り返ることまでとなると、億劫になってしまう気持ちは分かります。せっかく書いたものを、有効活用しないのは、もったいないです。書いて満足では、意味がありません。活用して、例えば、改善する、成果に結び付けることが出来て意味があります。

 

だから、(1)書く⇒(2)見返す⇒(3)振り返るの3つをセットで行うことがポイントです。勉強、仕事ともに、見返す回数が多くなる。時間を取って、次に繋がる振り返りの時間をつくり、振り返る。そうしたコツコツとしたものが積み重なっていけば、成果にも違いが出てきます。

 

どうですか・・・?やらないよりもやったほうが、成果に繋がる感じはしませんか・・・?もし、やったほうが成果に結びつきそうと思うなら、是非とも、「見返す・振り返る」をやってみてください。

 

そうは言っても、時間がないからという方もいるでしょう。時間がないといってもスキマ時間くらいは捻出できますよね。また、毎日が大変であれば、1週間に1回、休みの日に10分間程度であれば、時間を作ることは出来ませんか?

 

日々、忙しくて、あっという間に時間は過ぎていってしまいます。どんなに忙しかったとしても、自分で振り返る時間があるか否かが、次に繋がる改善や成長にも貢献します。

 

「書く・見返す・振り返る」の3点セット。この3つをコツコツと実行していくことで、あなたの欲しい成果にも近づくことができます。

 

1週間に1回、10分間だけでもいいから、3点セットを始めてみてくださいね。書いて終わりでは、もったいないですよ。ノートや手帳に書いたものの中から、何か新たなヒント、次に繋がる改善へのヒントがあるからです。

 

それではまた。