お客様からの声を活用する時のポイントは・・・!?

質問します。

 

チラシ、DMなどを制作する時、お客様からの声を活用していますか?

 

もし、活用しているとしたら、「誰に、どんな内容で」集めていますか?ちょっと振り返ってみてください。

 

 

<Thinking Time>

 

 

いかがですか・・・!?

 

もしかしたら、お客様であれば、誰でもいいから聞いている。聞く内容は、あらかじめ準備した選択式のものにしていませんか?

 

出来れば、チラシやDMに活用する場合、お客様の生の声を活かすほうが良いです。そして、聞く人は、あなたの商品やサービスを長く買い続けている人。つまり、あなたのファンに聞くことです。

 

あなたのファンですから、何か継続する理由があります。そして、商品やサービスの何が決め手で良かったのか?どうして続けているのかが分かりません。

「Before⇒After」を明確に語ってくれます。どんな悩みがあって、それがあなたの商品やサービスを通して、こんな風に変わったということです。

 

そして、お客様から生の声を聞くためには、選択式

ではなく、自由に回答してもらう記述式が適しています。

 

まとめると、あなたのファンに(誰に)

 

・どんな悩みがあったのか(Before)

・何が決め手で良かったのか(決め手・理由)

・使用した後はどうなったか(After)

 

最低限、この3つだけでも聞く。そして、聞いたものを、チラシやDMに活かす。そうすると、実際に手に取り見た人が、イメージしやすくなりと思いませんか・・・!?

 

「自由回答だと、お客様が面倒に感じて、なかなか書いてくれないよ」。そんな風に感じる人もいるでしょう。でも、あなたの商品やサービスを長く買い続けてくれているファンです。頼んでみたら、協力してくれる可能性はありますよ。

 

お客様からの声は、お金では買えない、他では手に入らない、あなた独自のものです。だからこそ、あなたのファンからの声を地道に集めること。その労力を惜しまずにやってみてくださいね。

 

そのお客様からの声が、次の良いお客様を呼び込むきっかけにも繋がるかもしれません。

 

それではまた。