自分も相手も信じることが出来たら、道は切り拓く・・・!?

 

先日、「もどかしい自分自身を打破するために、フィードバックを頂いた1つのヒント!」というタイトルで記事を書きました。

 

そこで、具体的に頂いた、フィードバックは、

「意識のベクトルを自分ではなく、他人(相手)に向けること。そして、出会った人の良い点を探して、具体的に褒めること」でした。

 

*12/14・金_ブログ時期

http://toshihirokondo.hatenablog.com/entry/2018/12/14/090533

 

 

たまたま購読中のメルマガで、自分と他人との関係性について、似たようなことが書かれていました。

 

株式会社小倉広事務所「小倉広の『アドラー心理学的な毎日』」

http://www.ogurahiroshi.net/

 

 

読んでいて、やっぱりそうなんだぁと感じた瞬間でもありました。

 

 

メルマガ著者の小倉さんは、

 

・他者に協力をお願いすること

・他者の誘いを断ること

・他者からの心遣いに返礼をしないこと

・その際に、罪悪感を持たないこと、

 

かつて、これらのことが出来なかったそうです。人にお願いする、協力してもらうことが苦手で、自分ひとりでやってしまうことが多かったとのこと。どちらかというと、僕自身も同じタイプで、お願いや協力してもらうことに、遠慮や躊躇してしまいます。

 

 

アドラーの言葉によると、

「他者からどう見られるかばかりを考えている人は、自分のことしか考えていない人である」とのこと・・・。

 

メルマガ内に記載された、この言葉を読んだ時、頭をハンマーで、ガツーンと殴られた感じでした・・・。やっぱりそうだったのかぁと・・・。自分では、周りに気を遣いながらやっていたのは、結局のところ、自分のことしか考えていないと捉えられるのかと・・・。

 

そうなるのは、自分だけでなく、他人を信頼していないからだそうです。自分は、心の奥底に、無意識で、信頼できていなかったから、お願いや協力してもらうことが出来なかったのかと感じたのです。

 

他人は、仲間、いい人、優しい人を信じることができれば、お願いすることができる。一方、自分は、貢献する力と心があり、いい人、優しい人と信じることができる。そうなれば、たやすく他人にお願いすることができる。自分が困っていたら、助けを求めたらいい。相手が困っていたら、お返しに助けたらいい。

 

こんなことが、小倉さんのメルマガに書かれていました。

 

意識のベクトルは自分ではなく、相手に向ける。それに加えて、信じる力、信頼も必要である。頭では理解していたとしても、本当に、腹落ちできていなかったから、自分のばかり意識が向いていたのかもしれません・・・。

 

遠慮や躊躇という感情ではなく、純粋に、自分も相手も信じることができたら、うまく回っていきそうな感じがしました。これが出来たら、モヤモヤとした霧が晴れて、次のステージにジャンプしていけることにもなるのだろうなぁと感じました。

 

フィードバックしてもらったことが、たまたまメルマガで書かれたこととシンクロしたことに、ビックリしました!こういうことってありますよね・・・。

 

自分も相手も信じて、遠慮や躊躇せずに、行動しようと、改めて思いました。

 

それではまた。