得意でない片付けをするためには・・・!?

告白します。

 

僕は、部屋の片付けが得意ではありません。自分の部屋は、本が散乱していて、足の踏み場にも困る状況です。会社でもデスクの上は、モノを置かないようにしているため、キレイです。一方、机の中は、グチャグチャです。

 

良くないとは思っているのですが、あまり気にならないといえば、気にならず・・・。それよりも片付けをすることが面倒だからです。皆さん、昨年末に大掃除で、キレイにされた方は多いでしょう。単純に、すごいなぁと感心します。

 

片付けできず、散乱した状態だと、これをキレイにするには、かなりの労力が必要ですよね。その労力、時間を考えると、面倒だなぁと感じる。そして、無常にも時間だけが経過する。そんな悪循環です。

 

そもそも片付けのイメージが、大変なことに感じています。何か一気に、キレイにする。そのためには、時間と労力が必要。よくTV番組で片付けのアドバイザーが視聴者の家の中をキレイに片付けをするアドバイスをするのを観たことがありませんか?あれを観ると、片付け前後で劇的に変化しますよね。それは、スゴイと思いますが、そこに至るプロセスは大変だろうなぁと感じます。だから、自分で「よし、片付けをしよう」と思っても、どうしても気が進まないのです。

 

そこで、どうしたらいいのかを考えると・・・。

 

これまで、一気にやろうという意識が強すぎたと感じます。そうではなくて、細かく分けるようにする。日々、5分間でも10分間でもよいので、少しづつキレイにする。これなら、出来そうではないか。そして、言葉自体も「片付け」ではなく、「整える」と変える。「整える」だと、すごく大変なイメージではないですよね。ですよね・・・。

 

片付けが出来る人からしたら、出来るでしょうと思うかもしれません。しかし、出来ないのは、そこに時間や労力をそもそも費やしたくないからです。だから、極力、自分に負荷が掛からないやり方であれば、出来るかもと思うのです。

 

部屋の中をキレイにする。そして、維持し続ける。日々の小さな積み重ねですよね。一気にやろうとするから、面倒に感じて、やりたくなくなる。今、書いているブログも一気に、100本書きなさいとなったら、苦痛に感じてしまいます。日々、1本1本と小さな単位でやっているから、続けることが出来ます。

 

小さく分ける。そして、1回に掛かる時間、労力も小さくする。そうすることで、時間は掛かるかもしれませんが、経過とともに、変化が出てくる。これまでは放置をしていました。しかし、年末に参加したセミナーで、「場を清める」ことの重要性を教えて頂きました。何かを成し遂げたい、成功したいなら、「場を清める」ことが重要なこと。分かってはいましたが、目を背けていたと思いました。

 

自分の欲しい結果を得るためには、「場を清める」こと。毎日、少しずつでもいいから、始めていこう。年が明けて、そんなことを考えていました。これから、毎日、5分間でもいいから、「整える」ことをしていきます。数ヶ月後には、キレイな状況になっていることを想像しながら進めてみます・・・。

 

それではまた。