「すみません」ではなく、「ありがとう」を習慣に!

突然ですが、どんな言葉を言うのかって、すごく大事だなぁと感じます。

 

先日、ある人からフィードバックをもらいました。それが、言葉についてです。

 

質問します。

あなたは、周りの方から何かをしてもらった時、

 

「ありがとう」

「すみません」

 

のどちらの言葉を使うことが多いですか?

 

私は、どちらかというと、「すみません」が多かったです。ずばり、それについて、フィードバックをもらったのです。「すみません」ではなく、「ありがとう」にすること。

 

「すみません」と出てしまうのは、相手に対して、悪いなぁ、申し訳ないなぁという気持ちが、心のどこかにあるのかもしれません。また、日本人は謙遜したり、控え目なところが美徳と感じるところがありますよね。だから、ついつい「すみません」との言葉が出てしまうのかもしれませんね。

 

「すみません」ではなく、「ありがとう」に変えることで、相手に対して、感謝の気持ちが伝わります。「すみません」は、自分にベクトルが向いている。一方、「ありがとう」は、相手にベクトルが向いています。

 

そんなフィードバックを頂いていたところ、たまたま購読中のメルマガに、こんなことが書いてありました。

 

それは何か・・・!?

 

成功していて、周りの人たちから尊敬されている経営者の皆さんが共通して持っている習慣。それは、「ありがとう」と言うことが出来る。つまり、感謝の気持ちの習慣とのことでした。

 

これを読んだ時、感謝の気持ち、つまり「ありがとう」が言えるかどうかが、すごく重要なんだと感じました。謙遜や遠慮は必要ない。何かをしてもらったら、素直に「ありがとう」と言えることが素晴らしい。そう思いました。

 

どうしても、謙遜や遠慮がちになってしまい、「すみません」と、無意識に言ってしまう。言葉を変えることで、相手の受け取り方、感じ方は変わるでしょう。また、その場に流れるエネルギーにも違いが出てくるでしょう。

 

もしあなたが、

何かをしてもらった時、謙遜や遠慮で、「すみません」と言ってしまいがちであるなら・・・!?

 

言葉を、「すみません」から「ありがとう」に変えてみましょう。成功を手に入れ、周りから尊敬されている人達は、感謝の習慣を持っているのだから・・・。同じようにしたほうがいいですよね。ですよね・・・。

 

言葉1つで、変わっていきます。それは、自分だけでなく、周りとの関係性やエネルギー、そしてパワーも良い方向にいくでしょう。

 

「ありがとう」をいう習慣を、一緒にしてみませんか?

 

それではまた。