計画倒れになることってありませんか・・・!?

計画倒れって言葉が、ありますよね。

 

計画を立てたはいいが、思った通りに進まない。そのために、当初の計画が未達で倒れてしまうこと。

そんな経験は、誰しもあるのではないかと思います。

 

計画倒れになってしまうのは、様々な要因はあるでしょう。外部環境や条件、自分の能力など・・・。様々な要因で、当初の目論見が達成できないことは、仕方ない面はあるかもしれません。

 

しかし、計画倒れにならないように努めることは大切です。その時に、計画倒れを防ぐことが必要です。

 

自分が計画倒れになってしまったことを思い出してみました。それは、当初立てた計画のままであったことです。時間の経過とともに、状況は変わってきます。その状況に応じて、見直しや修正をすること。それが必要であったのに、当初のまま進めてしまったことが多かったように思いました。

 

1度、計画を立てたら、その通りにしないといけないっていう思い込みはありませんか?計画を立てることはするが、見直しや修正することがない。または、少なくないですか?

 

計画は、あくまで計画です。一度、立てたらそのままである必要はありません。仮に、当初計画に対して、大幅に未達になりそうであれば、見直し案を作成して、そこに向かって実行していくことってありますよね。

 

最終的に、全く未達となり、出来なかったで終わる。一方、見直し案で出来たと達成して終わる。どちらがいいですか?達成して終わるほうが良くないですか?もちろん、当初の計画に達しなかったのは、残念ですが・・・。

 

計画以上に進捗していたら、何も言うことはありません。しかし、予定通りに行っていない時、当初の計画のままほったらかしにするのではなく、どこかのタイミングで見直し、修正プランを出すのが賢明です。

 

無理だと感じてしまう計画を実行しなさい。いくらケツを叩いても、はじめから出来ないと感じてしまったら、成果は出てこないでしょう。

 

当初のものはそのままにして、見直しや修正案を加えていく。そして、少し頑張れば達成できそうなものを設定することです。

 

計画倒れになる場合、当初計画のままでほったらかしが多くないですか?途中で、見直しや修正をしながら、進めていくこと。頭のどこかに、計画は立てたもので進めるという思い込みがありませんか?状況は刻一刻と変わります。当初の計画は、そのままにしても、状況に応じて、最適なプランに見直し、修正をすることが大事です。

 

計画は立てるだけでなく、見直すことも必要です。見直しをするためには、定期的なチェックが大切になってきますよね。ですよね・・・。

 

定期的にチェックをしていますか?計画倒れになる場合、ほったらかしの場合が多いと思われます。

 

計画、定期的なチェック、見直しの3点で、計画倒れとなることを防ぐ確率は高まります。

 

3つのポイントなんて、当たり前だよと感じるでしょう。しかし、実際に出来ているのは少ないでのは・・・。分かるとできるは違います。

 

あなたには、できる人であってもらいたいです。

計画倒れとならないように、3つのポイントをお伝えしました。

 

それではまた。