ノートは書くことで終わりではない。「○○○」することが重要!

質問します。

 

勉強や仕事で、ノートや手帳に書いたことを、見返してしますか?

 

書いたけど、見返すことをあまりしていない。そんな人が多いのでは・・・。

 

ノートは書いて終わりではありません。むしろ、書いた後、どれだけ見返すかが重要です。

 

例えば、勉強する時に書いたノートを思い出してみてください。先生が授業で板書したものを書く、重要だと感じたものを書く。授業時、書いた時のみで、全てを覚えていますか?多分、その時だけだと覚えていませんよね。

 

だから、授業後に、復習したり、テスト前に見返して、記憶させることをしていませんでしたか?

 

ノートを見返すことで、記憶を定着させた経験は、ほとんどの方が体験したと思われます。

 

一方、仕事ではどうでしょうか?会議や打合せで書いたノートや議事録を見返すことはありますか?もしかしたら、見返している人もいるでしょう。自分の周りにいる人をみても、見返すことをしている人は、ほぼいないです。

 

書いたことで満足だったり、書くことで終了。または、書いたけど、面倒だから見返さない。そんな感じではないかと思われます。

 

だから、期日までに完了できなかったり、きちんと段取りができなかったりすることが、散見されます。僕の周りでは、よく見る光景です。

 

ノートに書いたことを、有効に活用できていないのです。書いて終了で、その書いたものを活かせていない。勉強では、ノートを見返して、記憶に定着させる。それにより、テストで問題に答えて分かる体験があったにもかかわらず・・・。

 

ノートは書くことで終わりではなく、活かしてなんぼです。

 

書くだけで終了にしてしまったら、もったいないです。きつい言い方をすると、使わなければ、ただのゴミと一緒です。

 

ノートは書くことに加えて、見返すことが重要です。見返す回数が多ければ多いほど、良いです。見返すことで、振り返りや改善に繋がるからです。

 

いかがですか?

 

ノートは見返すことです。見返したら、どうするのかは、またの機会にお伝えしますね。まずは、書いて終わりにしないことを覚えておいてください。

 

それではまた。