人が注目しやすいのは、「○○○○」がある時・・・!

質問します。

 

ついつい注目してしまう瞬間って、どんな時ですか?

 

僕は、ギャップの大きさがすごいと、思わず見てしまいます。

 

先日、デトックスをした時に、お世話になったトレーナーの方に、デトックスイベントがあると誘われて行きました。

 

そこでは、デトックスを通して、その人にどれだけ変化が起こったのかを話して、シェアをするようなものでした。

 

7名の登壇者が、約10分の時間で、自分の変化をプレゼンする。そんな感じでした。

 

その中で、「えっ・・・!」と思わず、注目した場面がありました。デトックス体験のシェアなので、Before⇒Afterの写真が出てきます。その写真が、別人でしょっていうものでした。なんと、BeforeとAfterの体重差が、-30.0kg。約半年間かけて、達成したそうです。半年で、小学生低学年くらいの体重が減るとは・・・。

 

姿、形は別人です。そのギャップの大きさに、驚き、そして注目しました。当然にして、僕だけでなく、プレゼンを聴く観衆も同じ反応です。

 

よく通販番組で、Before⇒Afterの場面が出てくるのを観たことがありませんか?使用前後での劇的な変化をみせる。興味がなくても思わず、見てしまいますよね。

 

やはり、ギャップに注目しちゃうんです。人は、ギャップに注目するのであれば、自分の場合にも当てはまりますよね。注目してもらうには、ギャップをつくること。Before⇒Afterの変化を見せることです。

 

そうは言っても、私はそんなに変化がないと思ってしまう人が多いでしょう。日々、誰しもが小さな変化をしています。昨日できなかったことが、出来たという経験があるでしょう。

 

日々の変化は小さいかもしれません。しかし、日々の小さな積み重ねをしていたら、気が付いたら、大きな変化になっています。

 

その変化を見せることが出来たら、あなたにだって、周囲の注目をひくことができると思いませんか?ただ、自分自身がその変化に気づきにくいです。小さな積み重ねだと、変わったという実感を得にくいからです。

 

そんな時は、小さな変化だとしても、忘れないように、記録をするといいでしょう。記録があれば、振り返った時、自分ってここまで変化したんだと実感できます。

 

記録をとることで、自分の変化を感じることができます。誰もが変化をして、そのギャップを語ることができます。

 

自分の変化に気づくためにも、記録をとっておくことは大事ですね!

 

それではまた。