ラジオに出ます!

 昨日、初チャレンジをしました。

 

それは何か・・・!?

 

ラジオで話をしたことです。収録ですが・・・。

たまたまご縁を頂いて、月1回30分間、FMコミュニティラジオに出ることになりました。

 

収録が始まる前は、本当にしゃべれるのか・・・!?漠然とした心配や不安がありました。やり終わってみて、場のチカラ、ラジオに関わる皆さんのおかげもあり、楽しく話をすることができました。

 

終わった時は、ほっと一安心です。事前に、何を話すかと、バーッ書き出して準備はしました。ただ、マイクの前に座った途端、きちんとしゃべれるのか心配や不安があったのです。始まったら、何とか話すことが出来て、ほぼ取り直しなく終了することができました。

 

ラジオで話をしてみて、感じたことがあります。相手

に伝わるためには、どうしたらいいか。ラジオは、視覚情報がありません。映像があれば、そこから多くの情報をキャッチすることはできます。しかし、聴覚情報、つまり声しか情報源がありません。声のみで、相手に伝わるためには、どうしたらいいかを考えます。

 

例えば、言葉の使い方、話すスピードや緩急、間の取り方など・・・。声だけで相手に伝わるようにするためには、色々と考える必要があると感じました。

 

実際にやってみて、これまで何気なくラジオを聴いていましたが、プロの方はすごいなぁと、改めて感じました。

 

声の情報のみで、相手に伝わるようにするには、ラジオという媒体を使い、アウトプットをする。これをやることで、アウトプットのトレーニングになるかもと思いました。

 

初チャレンジで緊張はしましたが、楽しく出来ました。また、次回以降も楽しみながらできそうです。相手に伝わるようにするには、どうしたらいいか?繰り返し体験する中で、何か少しでもヒントを得られたらと思います。

 

それではまた。