読む、まとめる、そして教える!

先日、税理士の方にお会いしました。話の中で、その方の書籍の読み方、主にビジネス書の話になりました。

 

話を聞いた時、書籍を使い倒して、ご自身のものにされていると感じました。

 

あなたは、ビジネス書と読む時、ただ読んでいるだけですか?読んだけど、数日したら、「あれっ、何だったけ・・・!?」ということはありませんか?僕はあります・・・。

 

その方は、もう趣味とまでおっしゃっていました。読む、まとめる、コンテンツする、そして教える。このサイクルで回しているそうです。休みの日で、時間があれば、読んだ書籍を、パワポでまとめているとのこと。

 

「もう、趣味なんですよ」とおっしゃっていましたが、そうは言ってもなかなかまとめることは簡単ではないですよね。手間暇、時間は掛かりますからね。

 

自分でまとめたものを、セミナーなどで話せるコンテンツにして、社内での人材教育として、教えることもしているそうです。

 

ご本人は、楽しそうに話されていたので、書籍からの学びを通じて、学びが蓄積、そして定着していくプロセスが楽しいから、続けているのだろうと感じました。

 

読んで終わりとなる場合が多いですよね。ですよね・・・。忘れてしまうし、学びが自分の中に定着しにくいです。だからよく、人に教えること。そうすると、教える人が一番の学びになるといいますよね。

 

この話を聞いて、手間暇はかかるが、読むだけで終わらず、学びの定着化のために、まとめる、教えるようなこと。それは、非常に大切なので、少しずつ始めようと思いました。

 

まずは、これまで読んだものの中で、複数回、読み返しているものを、まとめてみよう。そして、出来たら、それを誰かに話してみようと思いました。

 

そうすることで、自分が最も学びを得ることができますからね!

 

あなたも読むだけで終わらずに、まとめる、教えるようなことにチャレンジしてみませんか!?

 

それではまた。