環境と言葉のチカラで、新たな1歩をつくる!

先日、友人より、こんな報告がありました。

 

「ドリームプレゼンテーション(保育部門)」に出場することが決まったとのこと。

 

事前に、エントリーすることを聞いていました。ただ、エントリー数が多く、保育の専門家ではないため、ご本人は、予選を突破できるか不安だったようです。しかし、エントリー者の中から選ばれて、登壇することになりました。実際のプレゼンは、数ヶ月後のようですが、それまでに何を伝えるのか、コンテンツづくりをするとのこと。

 

まさか、プレゼンにエントリーをするとは思っていなかったそうです。保育を専門にやっているわけではない。そんな中で、勇気を出して、エントリーをしたのは、周りの仲間の影響があったようです。

 

その友人とは共通のグループにいます。そこで、起業するとか、FMラジオ番組を始めますとか、NPO法人立上げることにしますとか・・・。様々な人達が、新しいことにチャレンジしていく。それを、周りの仲間に宣言をしている。そんな光景を見ていて、勇気を持って、1歩を踏み出したみたいです。

 

1人だと、なかなか踏み出せないですよね。また、周りの環境、誰といるかにもよるでしょう。

 

そう考えると、自分が身を置く環境は、大事です。誰といるかで大きく違います。また、口に出していうことも重要です。言葉にして、誰かに言うことで、応援してくれる人達もでてくるでしょう。

 

誰といるか、言葉で伝える。この2つがあったからこそ、勇気ある1歩を踏み出すことができた。そんな友人を見ていて、こちらも嬉しいと感じました。その姿に刺激を受けて、僕も含めて、他の人達も頑張ろうという気持ちになりました。

 

環境と言葉のチカラを活用して、変化、成長をしていくのだと実感しました。

 

プレゼンに向けて、友人がどんな変容、進化をしていくのか楽しみです。そして、このチャレンジを応援したいなぁと思いました。

 

僕自身も、誰といるか、そして言葉で伝えることで、次のステージにシフトチェンジをしていく。そう強く思えるようにもなりました。

 

それではまた。