自分のビジョンを思い描き、伝えることとは・・・!?

先日、「Visionがたり」というワークショップに参加しました。

 

タイトル通り、自分のビジョンを考えて、伝えることをしました。

 

ビジョンという言葉を聞いて、どんなイメージをしますか?自分が描く、未来の理想の状態で、何かワクワクした気分になりませんか。

 

未来のことは、誰にも分かりません。現時点では、何が起こるのか分かりません。だからこそ、未来を描くことは、制限や制約なしで、発想することが大事です。

 

しかし、どうしても自分の思考の枠から飛び出すことができない。勝手な思い込みで、ぶっ飛んだ発想ができない。そんなことはありませんか?

 

そこには、描いたことが実現しなかったら、どうしよう。上手くいくわけがないと、勝手な思い込みにとらわれてしまっていると思われます。

 

こんなことを言っても、僕自身もそうなりがちです。ロジックで考えがちなところもあり、豊かな発想に発展しないこともあります。

 

ワークショップに参加してみて、他の人達のビジョンを聞いたりしていると、その人がワクワク、楽しそうに語る姿をみると、自由に発想したほうがいい。そう感じる場面が、多くありました。

 

まだ、起きていないこと。そして、未来のことは、誰にも分からない。そうであれば、自由に、制限や制約なしに、こんな感じがいいなぁと状態を描いてみる。その時には、自分がワクワク、楽しいかを感じる形がいい。そう感じました。

 

そして、自分の中で考えることに止まらず、誰かに伝えてみる。伝えることで、フィードバックをもらえたり、質問されて自分の想いや思考が深まることもあるでしょう。言葉で伝えることで、実現可能性が高まるかもしれませんしね・・・。

 

定期的に、ビジョンを伝える機会があると、自分が思い描く未来を手にすることができそうかもっても思います。

 

是非あなたも、ビジョンを考えて、誰かに伝えることをしてみてください。

 

ビジョンは、ワクワク、楽しい気持ちが出てきますから、とてもいい機会だと思いますよ!

 

それではまた。