「念ずれば花開く」

こんな言葉を聞いたことがありますか?

 

「念ずれば花開く」

 

どこかで、聞いたことがある人は多いでしょう。

 

どんな意味かというと、

 

何事も一生懸命に祈るように努力すれば、自ずから道は開ける。夢や目標がかなうことです。

 

最近、友人がやっていることで、道が開けたなぁと感じたことがありました。

 

その人は、月1回、30分間のFMコミュニティラジオ番組をやっています。中小企業診断士で、経営に関することをお伝えしています。

 

無類のプロレス好きで、アントニオ猪木が叫ぶ言葉、「元気があれば、何でもできる」を、常々、ご自身も言っているくらいです。

 

番組には、ゲストを招いて、経営の話などもするそうです。いつもゲスト出演してくれそうな人がいるか。アンテナを立てていたようです。

 

プロレス好きなので、いつかは、プロレスラーとの接点がないかと思っていたとのこと。そうしたら、たまたまのご縁で、小さなプロレス団体の代表との接点を見つけられたとのこと。そして、その接点を活かして、アプローチをしたところ・・・。

 

な、な、なんと、ゲスト出演の了承を得て、番組へのゲスト出演が決定したとのこと。

 

何かプロレスラーの方とやりたいとの夢や目標は、いつも持っていたと思われます。アンテナを張りながら、動いていたのでしょう。いつ、そのチャンスが訪れるか分からない中で、一生懸命にやっていたのだと思います。

 

そうしたら、たまたまのご縁でつながり、そのチャンスを手にすることができた。そんな話を聞いた時、「スゴイなぁ」と感じました。想いの強さ、いつもアンテナを張って動いていたからこそ、チャンスを手にしたのだと思います。

 

この話を聞いた時、まさに、「念ずれば花開く」という言葉が、ふっと思い浮かんできました。

 

花の大小は関係なく、自分が思い描く夢や目標が達成する。その数が多ければ、多いほど、最も自分の欲しい結果にもつながるのではないか。そんなことを感じました。

 

日々、小さなことをコツコツと一生懸命に努力することは、いつか分かりませんが、自分の手元に幸運をもたらしてくれますね!いつくるか、そのタイミングは分からないので諦めずに、努力をし続けることが大事です。いつかきっと、幸運が訪れることを信じて・・・。

 

それではまた。