相手に話が伝わらない、通じないときには・・・。

相手に話をする時、話が伝わらない。または、通じない。

 

そんな経験はありませんか?

 

きっと多くの皆さんにも経験があるのではないでしょうか?そんな時には、どうされていますか?

 

何度も同じことを伝えて、伝わらないことにイライラしてしまう。何度言っても、伝わらないので、疲れてしまい、言うのを止めてします。

 

話が伝わる、通じるようにための1つの視点をお伝えしても宜しいでしょうか?

 

それは、相手の聞く姿勢をつくることです。話を聞く姿勢になっていない時に、いくら言っても伝わりません。聞く態勢になっているから、話が分からないのです。

 

そのためには、どうしたらいいか?

 

それは、聞く姿勢をつくるために、前置きトークをすることが重要です。

 

これからあなたが、相手に伝えたいことを伝える。その前段階として、前置きトークをして、聞く姿勢を整える。最も伝えたいことを話す前に、準備をする。

 

前置きトークでしっかりと準備をすることで、相手は、これからこんなことを話すんだなと理解できます。その後に、伝えたいことを伝える。事前に、相手の聞く姿勢を整えていたら、ちゃんと聞く耳を持ちますよね。

 

その準備なしに、いきなり話をしたところで、相手は何のことだか分かりません。もちろん、あなたの話の内容が高度すぎる、話しの仕方がめちゃくちゃであったら、伝わるものも伝わりません。

 

そうではなくて、自分なりに伝えようと話をしているが、伝わらない。または、相手に通じない。そんな時の1つの視点として、前置きトークで聞く姿勢を整えることをお伝えしました。

 

伝えたいことの前に、準備があるかどうかで違いが出てきます。

 

あなたは、前置きトークをしていますか?

 

もししていなかったとしたら、試しに、相手に聞く姿勢を整えるために、前置きトークをしてみてください。

 

どんな前置きトークをしたらいいの・・・。それは、またの機会にお伝えできたらと思います。

 

それではまた。