磨き続けること

先日、研修講師をする方が、こんなことをおっしゃっていました。

 

「10年、20年前のことを、いまだにそのまま教えている。時代の流れに合わせて、マイナーチェンジ、アップデートしていない人がいる。信じられない・・・」。

 

そんなことをおっしゃっていました。時代に関係なく、原理原則は変わらないでしょう。それは、コアなところなので、教え続けることは大事だと思います。

 

しかし、全てのメニューが、昔から全く変わらずにいるのは、確かに、どうかと感じました。

 

大学の頃、毎年、同じことを教えている先生っていませんでしたか?「全く変わらないのかよ」と疑問を感じたことはありました。

 

大学の先生だから、当然、自分で研究したり、論文を書いたりするでしょう。その中で、講義内容をマイナーチェンジすることはあるのではないか。しかし、そんなことせず、何年も同じことしか言わない。何も進化が見られない講義ってありますよね。

 

時代の変化、流れに伴い、どんどん適さないものは出てきます。それに合わせて、改善をしていかないと化石となってしまいます。しかし、現実には、そんなことお構いなしに、昔から同じことしか言わない。

 

これって、どんどん錆ついていきますよね。例えば、料理人が使う包丁は、日々の手入れで磨き続けることで、切れ味を保つことができます。これが、全く何もしなかったら、切れ味は落ちます。そんな包丁を使い続けて、お客様に料理を提供するなんてことはないです。ですよね・・・。

 

コアとなるものは、いつの時代でも変わらないです。しかし、それ以外は、古いものは手放し、新しいものを取り入れながら、磨き続けることが必要になります。

 

それは、どんな世界でもそうではないですか?だから、我々は、絶えず、仕入れをしていき、アップデートをしていく。それにより、陳腐化を回避していくのです。

 

化石のようなことを続けていたら、すぐに終わってしまいます。長く続けるためには、磨き続けることが重要です。

 

あなたは、いかがですか?

 

自分なりに磨き続けることをしていますか?もし、していなかったら、どこかのタイミングで陳腐化して、使い物にならなくなる日が来てしまいますよ。

 

小さな積み重ねでいいので、磨き続けることを忘れずに、行動していってくださいね!

 

それではまた。