慣れた時には注意ですよ

最近、毎日、ブログ記事で何を書こうかと悩む時間が増えてきています。

 

書こうと思っても、なかなか進まず、時間が過ぎていきます。日々の生活の中での気づきは、アンテナを張っています。それは、以前と変わっていません。

 

では、なぜ、書けなくなってきているか。もしかしたらと思うことがあります。

 

もともと、書くことが得意かというと、得意ではありません。だから、書く前には、簡単でもいいから、何を書くかを紙に書き出していました。

 

どんなことを書くか。ポイントを3つ程度、書き出す。そして、それを見ながら、書いていく。そんな流れでやっていました。紙に書き出した時点で、ある程度、書くことが決まっているため、あとは、流れに任せていくだけです。

 

そういえば、振り返ると、今はいきなり書き出しているなぁと・・・。毎日、書き続けていて、書くことに慣れてきたからでしょう。紙に書き出すというプロセスを省いている。

 

全体でかかる時間は、紙に書き出した後に書く。いきなり書き出す。この2つでは、前者のほうが早いです。

 

あらかじめ、書くポイントを洗い出しているため、それに沿って肉付けしていく。一方で、何も書き出していないと、ゼロベースです。書きながら、考えることも一緒にしているのかもしれません。

 

紙に書き出すのは、面倒だなぁと感じたとしても、このプロセスは大事だと感じました。書き出す前の準備段階で、書くポイントが見えているか否かで、大きく違います。

 

書くことに慣れてきたせいで、横着してしまった自分に反省です。面倒だと感じても、必要なプロセスを飛ばさず、基本に忠実に行うこと。その大事さを改めて感じました。

 

やはり、楽をしよう。横着をしようとしてはダメですね。1つ1つのことには、意味がある。だから、その1つ1つをしっかりと行うこと。

 

慣れた時は、気を付けたほうがいいですね!

 

皆さんも慣れた時に、楽をしたり、横着をせずに、コツコツとすることをオススメします。結果として、そのほうが、あなたのためにはいいですからね。

 

それではまた。