とりあえず、言葉にして話をしてみること

自分の頭の中で、あんなことをやりたい、こんなことに挑戦してみたいなどある。まだ、自分の中で、うまく言語化ができていない時ってありませんか?

 

そういう時は、誰かに話をしてみることをオススメします。しっかりと言語化ができていなかったとしても、とりあえず、話をしてみる。その時、妄想しながらでも構いません。

 

思ったこと、浮かんできたことを、とりあえず、話をしてみることが大事です。話をしていく中で、自分の中にイメージが出てくることもあります。一方で、やっぱりうまく言葉にできなかったとしても、うまくできないことに気づきを得られます。

 

また、言葉に出してみた後、聞いてもらった人が感じたことをフィードバックしてもらうといいでしょう。自分では気づかないことを教えてくれたりもします。

 

できたら、自分だけが話すのではなく、相手の人にも同じテーマで話をしてもらうといいでしょう。人の話を聞くことで、もしかしたら共通することがあるかもしれません。そうではなく、全く違うことを聞けて、あなたの視野が広がることもあるでしょう。

 

いずれにしても言葉に出してみることで、頭の中だけのものを整理するきっかけとなります。最初はうまく言葉にならないことが多いでしょう。しかし、繰り返すことで、言葉が磨かれていきます。また、誰かに聞いてもらい、フィードバックを受けることで、自分では気づかなかった視点を手にすることもできるでしょう。

 

自分の頭の中だけでしていたら、進まない。しかし、一度、言葉に出してみると、気づき、フィードバックを得て、少しずつ言葉にならなかったものが整理されていきます。

 

考えがしっかりとまとまっていなかったとしてもいいです。まずは、妄想でも構いません。とりあえず、言葉にして、誰かに話をしてみる。聞いてくれる人がいなかったら、自分だけでもいいので、声に出してみる。自分の声を、自分で聞くことはできますからね・・・。

 

是非、試してみてくださいね!

 

それではまた。